診断

足の血管が浮き出るなら病気のサインの可能性大

治療は不要だがしても良い

足

下肢静脈瘤になると、ふくらはぎに血管が浮き出て異常を感じます。ただし、良性疾患ですから、必ずだれもが治療をしないといけないわけではありません。ただ、将来的な疾患を予防したいなら、一定の処置をとるのが良いでしょう。

慣れれば大丈夫

女医

検便検査の際に気を付けるべきは、苦手意識を持たないということです。そのうえでさまざまな方法を模索して自分なりにやりやすい方法を見つければ、意外とすんなりと便の採取ができるようになり、苦手意識も薄れてきます。

むくみや凸凹が目立ったら

女性

足がむくむ、血管が浮き出て凸凹しているなど、これらは下肢静脈瘤の症状です。浮き出る血管は静脈の弁が壊れたことにより、静脈の血液が逆流することによって起こります。下肢静脈瘤はとてもポピュラーな症状で、40代以降の約半数が悩まされているとも言われています。動脈は心臓から末端へと血液を送りますが、足の静脈は重力に逆らって末端から心臓へと血液を送らなければなりません。血液が逆流しないために静脈には弁がありますが、この弁が壊れることによって血液の逆流が起こります。血管が浮き出るのは、弁が壊れることによって血液が逆流し滞留するようになるからです。下肢静脈瘤のなかでも、血管が浮き出て目立つのは大伏在静脈瘤です。太ももからふくらはぎにかけてできやすく、血管の凸凹がかなり目立ちます。

下肢静脈瘤ができてしまう主な原因は、デスクワークや立ち仕事などで足を動かさないことです。座っていたとしても、立っていたとしても、1つのところに留まり足を動かさないことでは同じです。原因は他にもありますが、予防するには適度な運動とバランスのとれた食事をすること、そしてしっかり水分補給をすることがあげられます。まず、血流が1か所に留まらないように工夫することが大切です。血管が浮き出るため見た目は悪いものの病気という認識が少ない方が多く、浮き出る血管に悩んではいるものの受診にまで至らないケースもままあります。レーザー治療は保険適用されますから、気になり始めたら専門の医師に相談することをおすすめします。静脈瘤専門の医師は少ないものの、血管外来は各地にありますから億劫がらずに治療を受けましょう。

最新の放射線治療

看護師

サイバーナイフは最先端の医療技術でもあるため、がんの治療効果も高いと言われています。また、高い精度で病巣に放射線を照射することが可能です。患者への負担が少なく、また保険適用であるため比較的安価でレベルの高い治療を受けられます。