慣れれば大丈夫|足の血管が浮き出るなら病気のサインの可能性大
ハートを持つ人

足の血管が浮き出るなら病気のサインの可能性大

慣れれば大丈夫

女医

苦手意識をなくそう

子供のころ、定期的に検査があったといえば、便検査です。大人になっても、飲食関係の仕事に就いている人は、定期的に受けることが義務付けられています。そうでない人にとっては、健康診断で受けることができる大腸がん検査などでの検便検査は久しぶりという場合が多いでしょう。尿検査と違って採取が大変であるとか、便秘がち、下痢気味、女性なら生理中だけどどうしたらいいのかなどなど、さまざまな疑問が噴出して来るのが検便検査の特徴でもあります。その結果、苦手意識を持ってしまう人が大半ですが、慣れれば上手に採取できるようになりますので、まずは苦手意識をなくすために積極的に検便検査を受けるようにしてみるのも、逆転の発想ということでうまくいきます。もっとも気を付けるべきは、苦手だからやらないということかもしれません。

さまざまな採取方法がある

昨今、トイレは様式便座がほとんどですので、いかにして便器に溜まっている水の中に便を落とさないようにするかがポイントです。便器に浅く腰掛け、手前にトイレットペーパーや新聞紙を敷いておき、そこに落ちるようにしたり、出るタイミングで便座から腰を浮かし、手に持ったトイレットペーパーなどにキャッチする方法などがおすすめです。最近の検便検査は、便そのものを採取ケースに入れるのではなく、検査棒を便に差し込み、それで便を採取する方法が一般的となっています。どのくらいの量を取ればいいのかなど、事前によくやり方を把握しておくと、苦手意識を持っていたけれど意外と簡単にできたということになるでしょう。あれこれ方法を模索してみると、検便検査に対する苦手意識も克服できそうです。